現在、オートロックの種類は、多種多様なものがあります。ここでは、オートロックの種類について、ご説明します。

まず、暗証番号式のものです。暗証番号を入力して開錠するもので、鍵を持ち歩く必要がない為、紛失の心配がありません。次に、リモコン式です。リモコンと言っても、キーホルダーサイズの大きさとなっており、わざわざ玄関に行って鍵を開けなくても、遠隔操作で鍵を開けられます。手が離せない時などは、非常に便利です。非接触ICカードでは、ミクロンサイズのICチップを搭載したカードを使用します。ICチップは携帯電話などにも搭載されている為、それをそのまま鍵として使用できるので利用する人が増えています。また、コピーする事が困難で、入退出の履歴を管理する事も出来ます。また、指紋認証式では、鍵代わりに指紋をスキャンし、認証させてロックや開錠を行います。指紋は一人一人異なる事から、他の人がロックや開錠する事は出来ません。非常に高いセキュリティシステムです。

現在ではこの他にも、多くのものが開発されております。これらは登録情報を変更するだけで良いので鍵を変える手間が無く、非常に便利です。また、セキュリティが高い事からも人気があります。